東日本大震災の最近のブログ記事

p>
防災トイレ館
店長です。
 

 東日本大震災からまもなく6年を迎えようとしています。

改めて被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 

これからも東日本大震災を風化させることなく、微力ながら被災地の復興を応援して行きたいと思っています。 


前回の募金より、サニタクリーン便袋の売り上げ枚数が、17,463枚となりましたので、送金させて頂きました。

170303_1411~01.jpg

義援金の送付状((株)ユースクは、防災トイレ館の運営会社です)
 

お買い上げ頂いた皆様に感謝すると共に、被災地の皆様が一日も早く穏やかな生活を取り戻せるよう心よりお祈り申し上げます。

防災トイレ館店長です。

 

まもなく東日本大震災から4年を迎えようとしています。

未だ、避難生活を余儀なくされている方々に心からお見舞い申し上げます。
 

前回の募金より、サニタクリーン便袋の売り上げ枚数が、11600枚 

となりましたので、送金させて頂きました。

微力ですが、私達のできることを続けていきたいと思っています。

bokin2701.gif

義援金の送付状((株)ユースクは、防災トイレ館の運営会社です)
 

お買い上げ頂いた方々に御礼すると共に、被災地の更なる復興を願っております。

防災トイレ館店長です。

 

約1年ぶりですが、前回の募金より、サニタクリーン便袋の売り上げ枚数が、10829枚 

となりましたので、送金させて頂きました。

bokin7.gif

義援金の送付状((株)ユースクは、防災トイレ館の運営会社です)

 

日本赤十字のHPに、これまでの募金の受付状況として、3324億円(6/6現在)集まったそうです。

(日本赤十字社 義援金の受付と送金の報告について)

 

これらの義援金が、被災された方にとって、少しでもお役に立てていればいいなと思います。

 

こんにちは、防災トイレ館店長です。

 

東日本大震災の発災から、早2年が、過ぎました。

今もなお、不自由な生活を余儀なくされている方が、多いと聞いております。

そんな報道をきいているからでしょうか?日本赤十字への義援金は、いまだに毎月約7800件金額にして、4.8億円も寄せられているとのことで、義援金の受付を来年平成26年3月31日まで延長するとのことです。

 

私共も、日本赤十字の義援金受付が、続く限り、「サニタクリーン便袋」の売り上げ、1枚に付き1円募金を続けて行きたいと思います。

さて、今回は、年度末という時節でしょうか。企業の方による、「簡単トイレ団体用セット」の注文が多かった様に感じます。

前回の募金から平成25年3月31日までの「サニタクリーン便袋」の売り上げが、18778枚だったので、

18,778円日本赤十字へ義援金を送金させて頂きました。

 

お買い上げ頂いた方々に御礼すると共に、被災された方々の一日も早い復興をお祈りしたいと思います。

hurikomisyo.jpg

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

早いもので、今年も残すところ2日となってしまいました。

本年も色々とお世話になり、どうもありがとうございました。

 

さて、サニタクリーン便袋の売り上げ1枚に付き1円の募金活動、サニタクリーン便袋の売り上げが、10,617枚に達しましたので、¥10,617.-を日本赤十字、東日本大震災義捐金口に送金させていただきました。

gienkin

義捐金の振込書、振込料の無料措置も継続中でした

 

当初、1年間の期限だった、日本赤十字 東日本大震災の義捐金窓口も半年延長され、さらに平成25年3月末まで、延長されているようです。

義捐金のその後の配布状況が、厚生労働省のホームページに載っておりました。

厚生労働省のホームページへ(義捐金の配布状況)

 

それによりますと、募金総額約3,600億円のうち、94.5%が、被災した方々の手に渡っているとの事です(平成24年9月21日現在)。

一人ひとりの方に渡る金額は、大きくないかもしれませんが、少しでも助けになっていればと思います。

 

皆様も良いお年をお迎え下さい。

来年は、1月7日より営業が始まります。

また、よろしくお願い致します。

こんにちは、防災トイレ館店長です。

サニタクリーン便袋の売り上げ1枚に付き、1円の寄付活動。

3月は、東日本大震災から1年と言うこともあり、連日テレビでも取り上げられてたからでしょうか、いつもより注文が多いなと感じておりました。

注文数を数えてみると、10,160枚ということで、近所の信用金庫へ振込みに行って参りました。

nouhusyo4.jpg
赤十字への振込用紙。

振り込み料の免除措置は、しばらく延長されるとのことでした。

ニュースを見ていると、がれきの受け入れを表明する自治体も少しずつ増えて来ている様な気がします。

少しずつでも出来る範囲での協力、していきたいですね。

おはようございます。
防災トイレ館店長です。

明日は、東日本大震災から1年を迎えようとしています。
もう1年、と言う思いと、まだ1年という気がしております。

さて、サニタクリーン便袋の売り上げ枚数が、1万枚に達したようなので、1枚に付き1円分で、10,680枚分、10,680円を送金いたしましたので、ご報告いたします。

hurikomisyo.jpg
日赤義援金、振込書。振込み料は、免除でした。(㈱ユースクは、防災トイレ館の運営会社です。)

東日本大震災から、1年経っても毎日多くの義援金が、送られてきているということで、義援金の受け付けをH24.3.31からH24.9.31まで延長するそうです。(日本赤十字社H.P

 前回、送金を行った際、「受領書を希望しますか?」と聞かれ、お願いしたところ受領書が、送られてきました。

juryousyo.jpg
2回目の送金分の受領書

ここにも書かれておりますが、「義援金は、100%被災地へ届けられております。」ということで、ちょっと安心しました。

一年経ったとはいえ、まだ不自由な生活を強いられている方も多いかと思いますが、一日も早い復興をお祈りしております。

ご無沙汰しております。

防災トイレ館店長です。

 

以前、サニタクリーンの売り上げ1枚に付き1円を義援金として、寄付する活動を紹介しましたが、ふと、売り上げ枚数を確認したところ、第1回目の寄付以降の売り上げ枚数が、

10,290枚になっておりました。

早速、近所の信用金庫へ、出向き送金致しましたので、御報告させて頂きます。

nouhusyo.jpg

納付書の控え。((株))ユースクは、防災トイレ館の運営会社です。)

 

金額は、10,290(枚)×1(円) = 10,290(円) となります。

 

第1回目の時は、郵便局から納め、その時も振込料は、免除でしたが、こちら信用金庫からでも、やはり、振込料は、免除でした。

これは、弊社独自の活動ですが、サニタクリーンのメーカーである「(株)綜合サービス」でも同様の活動を行っているようです。

(株)綜合サービスの社会貢献活動ページ

 

お買い上げ頂いたお客様、誠にありがとうございました。

また、今も不自由な生活を強いられておられる方々が、一刻も早く元のような生活に戻られる事をお祈り致します。

 

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

この度の大震災で、被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

 

株式会社ユースク(防災トイレ館)では、復興への一助になればとの思いから、「サニタクリーン便袋」の売り上げ1枚につき1円を東日本大震災の義援金として寄付する活動を始めました。

 

早速、平成23年3月11日から、昨日平成23年4月19日までの「サニタクリーン便袋」の売り上げを確認したところ

「10、400枚」 でしたので、郵便局より日本赤十字社へ東日本大震災の義援金

して、10,400円 振込みをさせて頂きました。

 

kihu1kaime.gif

義援金の振込み(控):郵便局から振り込む場合は、振込み料は、免除になるそうです。

 

今後も、数量がまとまり次第、振込みを行い、HP上で、報告させて頂きたいと思います。

 

被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

 

 

ホームページ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

ウェブページ