2011年4月アーカイブ

こんばんは、

防災トイレ館店長です。

 

ご無沙汰ぶりとなってしまいました。

 

SDカードが一杯になってきたので、外付けハードディスクへ、移動したのですが、いざブログをやろうと、データを探したのですが、見当たらない。

 

元のSDカードもデータの移動後、データを消去の設定となっている為、空っぽ。

 

たまたま購読している、PC雑誌に「使わなきゃ損!のサービス」  という特集があり、そこに、消えてしまった写真データを、復活サービスといものがあった。

・写真データの復活ソフト(DataRecovery)

http://tokiwa.qee.jp/download/DataRecovery/DataRecovery.html

10枚までは、無料、11枚以降は、何枚でも2000円とのことで、試してみると、あっという間に、空っぽのSDカードから、写真が復活しました。

 

hukkatu.gif

うっかり消してしまった写真データの復活ソフト。

 

そして、復活した写真が、こちら。

 

先週末、友の会に出席しました。

今回のテーマ

rejime.gif

今回の講師は、加藤先生でした。

 

katosensei2.gif

愛機D700を傍らに講習をすすめております。

 

katosensei.gif

休憩時間には、写真撮影。おそらくFacebook用の写真を撮って下さっているかと思います。

 

pantuya.gif

カメラを向けると、自然と眼球に力が入る、パンツ屋さん。

この目力で、「狙った獲物は、逃がしません。」

 

講習の後は、先生、T見さん、パンツ屋さんと、居酒屋に向かいました。

 

注文した料理が、来ると、お腹が空いているので、思わず、箸が出てしまいますが、先生は、カメラが出ておりました。

それを見習って、

maika.gif

真イカの刺身:甘くて美味しかった。

hunamori.gif

刺身盛り合わせ:6種類入って、1680円だったかな?

先生お奨めの日本酒、「〆張鶴」と良くあいました。

 

takokara.gif

たこのから揚げ:

 

4人ということで、濃い感じの飲み会で、あっという間の時間でした。

やっぱ、講習もいいけど、その後の、お酒は、もっといいですね。

 

 

おはようございます。

 

防災トイレ館店長です。

 

仕事の関係で、伊豆の大川温泉に行きました。

 

大川温泉は、伊東の南、稲取温泉の北に位置するところで、これまで、下田などへ行く時の通過するだけで、立ち寄ることは、ありませんでした。

 

ところが、立ち寄ってみると思わぬ発見があり、まだ見ぬ伊豆の発見でした。

 

 

lioniwa.gif

ライオン岩:国道135号線を南下すると、大川温泉の手前に現れる。

 

 

ookawakanban.gif

大川温泉入り口の看板:このあたりの温泉は、国道沿いにこのような看板を見かけます。

 

 

海沿いの駐車場に車を停めると、温泉入り口の看板がありますが、その先は水路。

onseniriguti.gif

露天風呂の看板:しかし、階段の先は、水路。

 

試しに降りてみると、

suiro.gif

水路の中:水路の真ん中に歩道がありました。水路は、国道135号線の下を通っており、海に出ることが出来ます。

 

そこには、

 

isonoyu.gif

磯の湯:海端の温泉です。屋根の赤灯は、営業中は、回転していて、国道を走る人への合図になるようです。

otokoyu.gif

磯の湯:男湯です。海を眺めながら温泉につかる事が出来ます。

いわゆる源泉賭け流しで、源泉の温度は、73度なのですが、水で薄めるのでなく、毎日お湯を入れ替えるとき、ゆっくりお湯を入れることにより、薄めることなくいい湯加減にしているようです。

 

その為か、営業時間は、AM11:00~PM6:00とのことでした。

入浴料は、500円です。

ここでも、自粛の影響か?お客さんが減っているらしく、閉店まじかだったのですが、「今日は、女風呂は、お客さんが一人も来なかったよ」と言っておりました。

東北も大変ですが、こちら伊豆も大変です。

早くお客さんが戻ってきてくれるように願っております。

 

この日は、支度がなかったので、入ることが出来ませんでしたが、翌日入ってみると、アルカリ系なのか、ちょっとトロっとした感じで、効能のありそうないいお湯でした。

 

昼食は、そこからちょっと山を登ったところにあるIKARIYAさんで、食べました。

 ちょっと高台なので、見晴らしは、最高です。

sagamiwan.gif

 

メニューで気になったのが、10kgのたまねぎを煮込んで作った、カレーというのがありましたが、そのカレーを使った、カレードリアと、エビピザを注文しました。

 

kare-doria.gif

カレードリア:オリジナルカレーを使ったカレードリア、結構なボリュームでした。

 

ebipizza.gif

エビピッツァ:大きなエビが、美味しかった。

お腹いっぱいで、はちきれそうでした。

 

お店に置いてあった、チラシによると、ここ大川温泉では、6月には、蛍が見られるらしく、蛍祭りも催されるようです。

 

また、その時期に訪れたいと思います。

 

 

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

この度の大震災で、被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

 

株式会社ユースク(防災トイレ館)では、復興への一助になればとの思いから、「サニタクリーン便袋」の売り上げ1枚につき1円を東日本大震災の義援金として寄付する活動を始めました。

 

早速、平成23年3月11日から、昨日平成23年4月19日までの「サニタクリーン便袋」の売り上げを確認したところ

「10、400枚」 でしたので、郵便局より日本赤十字社へ東日本大震災の義援金

して、10,400円 振込みをさせて頂きました。

 

kihu1kaime.gif

義援金の振込み(控):郵便局から振り込む場合は、振込み料は、免除になるそうです。

 

今後も、数量がまとまり次第、振込みを行い、HP上で、報告させて頂きたいと思います。

 

被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

 

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

先週、仕事の用事で、伊豆の東伊豆町へ行った帰り、伊豆高原を通りました。

 

ちょうど、前日のニュースで、伊豆高原の桜並木通りの桜が、満開とのことだったので、ちょっと寄ってみました。

 

伊豆急、伊豆高原駅前の通りを登っていくと、桜並木通りです。

 

sakuranamikidoori.jpg

伊豆高原の桜並木通り:桜が満開でした。

 

平日のせいか、人影も少なかったです。

以前は、この時期には、人がとても多く近づけない感じでしたが、これも自粛のせいでしょうか?

 

しばらく走ると、右側に大室山が見えてきます。

まん丸のおわんをひっくり返したような山です。

 

oomuroyamatosakura.jpg

大室山とさくら:大室山をバックに満開の桜

 

大室山のふもとには、さくらの里という、色々な種類のさくらが、植えられている公園があります。

sakuranosatokanban.jpg

さくらの里の案内看板:9月から、5月まで色々な桜が咲いております。

 

やはり、4月が一番沢山の種類の桜が咲いているようです。

 

中には、こんな桜も、

iwasakura.jpg

スコリアラフトという火山灰を溶岩で固めたような岩の上に咲く桜。

何を栄養にしているんだろう?

 

 

sakuratotuki.jpg

大室山とさくらと月

 

H2304sakura.jpg

ひかりを受ける桜:夕方の柔らかな日を浴びたさくら

 

ここさくらの里も、桜が満開の割には、人の少なさを感じました。

その分、ゆったりさくらの鑑賞が出来たのですが、ちょっと淋しい気がしました。

 

夕方でしたが天気も良く、青空と大室山のコントラストが印象的でした。

 

 

 

おはようございます。

 

困ったときの定点観測ということで、自宅から見える富士山を紹介させていただきましたが、その前に見える桜が、満開近くなりました。

 

日の出前、ちょっと霞んでおりますが、

H2304富士山(白).jpg

自宅から見える富士山:少しピンクがかっておりました。

 

少しして、日が昇ると、

富士山(青).jpg

桜もほぼ満開、この2日後くらいには、葉っぱが目立つようになってしまいました。

まだか、まだかと待って、満開になっても風が吹いたり、雨が降ったりで、きれいな時間は、短いです。

 

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

先日、磐田へ、仕事で、行ったときのこと、東名高速の遠州豊田のスマートI.Cへ向かう途中、ちょっと混んでいる風の鯛焼きやさんを発見し、思わずUターンしました。

 

kamonotaiyakikanban.jpg

ちょっと前に紹介した、興津の鯛焼きならぬ、加茂の鯛焼き、(地名+鯛焼きつながりに反応しました。)

 

扉を開けてみると、先客が2人ほどおりました。

 

「鯛焼き3枚お願いします。」と伝えると、

 

焼き置きはしてないので、ちょっとお時間がかかるとのことだったが了承し、待たせてもらった。

 

ふと鯛焼きの焼き型を見ると、

yakigata.jpg

鯛焼きの焼き台:4匹の焼き台が、3連のこじんまりとした焼き台

 

待っている間、「これ懐かしいお菓子の味がするよ。」と、鯛焼きのみみの部分を差し出され、食べてみると香ばしくて美味しかった。

 

鯛焼きは、お土産のつもりだったので、冷めた時の温め方を聞いたところ、冷めても美味しいとのことでした。

でも、温かいのは、もっと美味しいよと、焼きたての鯛焼きを手渡された。

 

kanonotaiyaki.jpg

加茂の鯛焼き:1匹100円と著と安い、しかも12匹だと、1匹おまけで、1100円

 

頭から、パクリ。

皮が、サクサクとしていて香ばしく、餡もシッポまで、入って美味しかった。

ひょっとしたら、今まで食べた中で、一番美味しかったかも。

ojisan.jpg

加茂の鯛焼きのおじさん

 

azuki.jpg

餡は、十勝の小豆を自分で、煮るそうです。

 

是非、近くをお通りの際は、寄って頂きたいですが、販売期間が、秋と冬ということで、今年は、4月24日までで、その次は、10月1日からとのことでした。

 

kanonotizu.jpg

加茂の鯛焼き屋さんの地図:位置としましては、遠州豊田スマートI.Cの西側です。

 

 

こんにちは、

防災トイレ館店長です。

 

昨日、「プラシド・ドミンゴ コンサート イン ジャパン 2011」に行きました。

イベントは、自粛というムードの中、開催されるか心配しておりましたが、予定通り開催されました。

 

ただ、今日のニュースを見ていると、「日本へ行くな。」と言う声を振り切って来日したとのことでした。

 

domingohyosi.jpg

コンサートパンフレット:代金2000円は、被災地へ寄付されるとのこと。

 

そのせいか、休憩時間にパンフレットを求める人が、多かった気がします。

 

初めてのNHKホールに行きましたが、収容人員3600人、舞台右側には、パイプオルガンも設置されており、その規模に圧倒されました。

 

NHKho-ru.jpg

NHKホール内部:開演前の写真、ケータイで撮りました。3階席から撮影

この大きなホールで、歌い手は、マイクなしで、しかもオーケストラの音にも負けず、唄います。

 

プログラムの一番最後に、日本の方々が、最も親しみのある唄を被災地の方々へ送りたいということで、「故郷」を会場みんなで、唄ったときには、じーんときました。

 

そして、アンコールでは、ドミンゴと言えば、「グラナダ」で、終演となりました。

 

70歳になるドミンゴは、今年限りで引退を表明しているようなので、生の声を聞けるのは、今回が最後かと思います。

ちょっと無理をしてでも、行けて良かったと思います。

domingopanhu.jpg

コンサートパンフレットより:演奏中は、撮影禁止の為、カメラは、持って行きませんでした。

 

 

おはようございます。

 

防災トイレ館店長です。

 

3月のある日、そろそろ松田の桜(河津桜)が、ラストだろうとのことで、出掛けてみました。

場所は、大井松田I.Cより10分くらいの西平畑公園です。

伯爵様より、ここに来れば、河津桜と富士山が撮れるとのことで、場所も分からず、パチリ

 

sakura+fuji.jpg

松田の河津桜と富士山:後から聞いたところ、撮影スポットは、ここでなく、駐車場の下段だったようです。

 

西平畑kanban.jpg園内は、河津桜の他、ハーブガーデンやミニSLも走っているようです。

 

当日は、天気も良く、あちらこちらで、鳥のさえずりが聞こえました。

よく見ると、

 

mejiro.jpg

おなじみのメジロがいました。

そのほか、

 

hiyodori.jpg

ひよどりも元気に飛び回っております。

カメラを連写モードに切り替え、撮影しました。

 

nanohana+sakura.jpg

菜の花も元気に咲いていました。

帰ってきてから、河津桜+富士山の撮影スポットが違ったことが判明。

また、来年以降のテーマです。

 

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

先日の日曜日、伯爵様より牧ノ原公園へかたくりの花を撮りに行くので、とお誘い頂いたのですが、残念ながら、午後から用事があった為、参加出来なかったのですが、

そんな話を妻にすると、「かたくりの花なら富士宮にも咲いてるよ」とのことで、ちょっと出掛けてきました。

 

場所は、富士宮市北部で、現地へ行くと臨時の駐車場も設けてあり、10台くらいの車が止まっておりました。

 

園路が、ロープで仕切られており、皆さんそこから手を伸ばし、一所懸命撮影しておりました。

 

katakuri-appu.jpg

かたくりは、花が、下を向いている為、一眼レフカメラですとどうしても、撮影の体勢が厳しくなりますが、自分のカメラは、液晶画面が、取り外せて、コンパクトカメラのように液晶を見ながら、撮影出来るバリアングルという機能のお陰で、寝転ばなくても撮影出来ました。

 

よく見ると、ガイドの方がいたので、お話を聞いてみました。

 

一年生.jpg

ちなみに、ネギみたいなのが、一年生で、2年目になってやっと、葉っぱになるそうです。

それを繰り返し、7年目くらいで、やっと花を咲かせるそうです。

kaakuri-zenkei.jpg

かたくりの花:ここまで来るのに7,8年かかっているそうです。

 

kanban.jpg

身近な所にこんな所が、あるのかと新たな発見でした。

案内看板の写真を見ると、まだ、ちょっと時期が早かったかな?と言う気がしたので、また出掛けてみたいなと思います。

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

先日、伯爵様との由比への撮影の帰り、以前より撮影をしたいと思いつつ、「写真を撮らせて下さい。」といえずにいたある鯛焼き屋さんへ、寄りました。

 

その鯛焼きやさんは、旧東海道(旧国道1号線)沿いの興津駅の近くにあり、あまり目立たない看板ですが、ひっきりなしにお客さんが入ってきます。

 

taiyakikanban.jpg

 興津の鯛焼き、看板と看板娘:終了間近だったので、看板は、仕舞ってあったが、写真用にだしてくれた。

yakigagata.jpg

鯛焼きの焼き型:珍しい感じの焼き型なので、聞いてみると、50年前から使っているとのこと。型もくっきりしていて、減った様子もなく、50年使っているようには、見えなかった。

昔の物の方が、丈夫に作られていたんだなと感じます。

 

nagasikomi.jpg

たねと餡を流し込んだら、フタをして、ひっくり返します。

 

taiyaki.jpg

ちょっと小振りな感じの鯛焼きです。

伯爵様にごちそうになってしまいました。

ありがとうございました。家族で美味しく頂きました。

 

熱々を撮れれば良かったのですが、自分の分は、熱いうちに食べてしまったので、子供のお土産用で撮影しました。

美味しかったです。

 

 

おはようございます。

防災トイレ館店長です。

 

先日、伯爵様より、由比町の浜石岳に撮影に行くとのことで、同行させて頂きました。

浜石岳は、富士山など、天気が良ければ、360度のパノラマが楽しめるようです。

 

しかし、午後から、富士山は、雲の中へ、

 

目的を失った我々は、薩た峠へと向かいました。

 

sattatoge.jpg

薩た峠展望台より:手前の高架橋が、東名高速、下側は、国道1号線と東海道線(JR)

 

この狭いエリアに、日本の大動脈が、集中しております。

よく津波警報で、通行止めになるのが、このエリアなのですが、今回の東北のような津波の被害を受けた場合、日本が分断されてしまうということで、内陸部に第2東名(新東名)の建設が進んでおります。

天気が良ければ、山の向こうに富士山も見えます。

日の出前か、夕暮れに長時間露光を行うと、車のヘッドライトが、線のようになり、その向こうに富士山という写真も撮れるようです。

 

由比は、南向きの斜面を利用して、夏みかんや琵琶などの栽培が盛んです。

展望台に行く途中にもみかん畑が、ありました。

 

mikanhatake.jpg

夏みかん畑

 

周辺の案内図を見ると、近くに銚子口の滝があるとのことで、そちらへ向かいました。

途中も、きれいな花が咲いていると車を止めて写真を撮りました。

hakusyaku.jpg

構図を探している伯爵様:どことなく雰囲気が違うなと思ったら、オフは、髪を上げてないんですね。

 

伯爵様のご指導で撮った写真。

 

anzu.jpg

道ばたに咲いていた花です。:梅でも桜でもないようです。杏?というお話もありましたが、

  umitomikan2.jpg 

薩た峠より、太平洋と伊豆半島を望む

 

小さな案内看板を見逃して、通り過ぎてしまいましたが、引き返して、銚子口の滝に到着しました。

遊歩道を下りながら、帰りの上りを心配しつつ、10分くらい歩いたところで、滝の水しぶきの音がして参りました。

 

takizennkei.jpg

銚子口の滝:なかなか立派な滝です。何段か落差があり、ここは、中段より撮影しました。

 

ちなみに、ちょっと足がすくみますが、さらに下の滝壺ものぞくことが出来ます。  

 

 

mizusibuki.jpg

滝の中段より、滝壺へ流れ落ちる水しぶき:

 

伯爵様曰く、「滝の写真は、シャッタースピードを遅くするか、早くするかのどちらかだね。」

とのことでしたので、カメラのダイヤルを「S」シャッタースピード優先にし、1/5秒にして撮った写真です。

tyousigutitaki.jpg

銚子口の滝中段より:本で見るような滝の写真になり、感動を覚えました。

 

相変わらず、富士山は、顔を出すことはありませんでしたが、伯爵様の機転により、収穫のある撮影でした。

自然が相手なので、こちらの思うようには、なりませんが、来たからにはただじゃ帰らない、写真家魂を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

ホームページ

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

  • 防災トイレ館店長: 新年明けましておめで 続きを読む
  • みんなニコニコ医療食のよっしー: 新年明けましておめで 続きを読む
  • 防災トイレ館店長: よっしーさん、いつも 続きを読む
  • みんなニコニコ医療食のよっしー: こんばんは! 素晴ら 続きを読む
  • 防災トイレ館店長: こんにちは、いつもあ 続きを読む
  • 茶柱通心: 防災トイレ館店長さん 続きを読む
  • 木仙人: こんばんは 防災トイ 続きを読む
  • みんなニコニコ医療食のよっしー: こんばんは! 災害時 続きを読む
  • 茶柱通心: 防災トイレ館店長さん 続きを読む
  • 防災トイレ館店長: 伯爵様、こんばんは。 続きを読む

ウェブページ